英語ができるだけで人生を変えられる【トライズ・コンサルタント・インタビュー Part.6-5】

ニュージーランド グレノーキー
英会話

今回はトライズ(TORAIZ)のコンサルタントに英語ができるようになるとどうなるのかについて、お話をしていただきました

英語ができるとどうなる?

英語ができるようになると、人生は180度変わるし、人格も変わると思います。 

私自身、日本語で話すと大人しい方だと思うんですが、英語で話す時はずっと大胆になれるんです。日本語じゃ言えないことも言えるようになる。 

それは語彙力とかの問題じゃなくて、心構えとして変わります。ストレスが溜まらないし、いいことだらけです。 

日本は島国で、この小さな大陸だけで人生を終えるのはもったいないと思うんです。英語を喋れるようになると、何十億人と関わる可能性が生まれます。触れる世界が広がるし、私自身も、いろんなことに興味を持てるように、能動的に動けるようになりました。 

英語ができると偏見がなくなる

あとは、差別とか偏見みたいなものもなくなります。「〇〇人はこう」というようなイメージを持たなくなりました。私も、オーストラリアに行く前は、なんとなく韓国人が好きじゃないな、とか思っていたんです。でもそれは、単に歪められた情報を伝えられていただけでした。 

実際に韓国人に会って喋ってみると、みんなめっちゃいい人だし、大親友になった子もいました。 

国単位だと、なかなか仲良くなるのは難しいこともあるかもしれません。けれど、個人同士だったらいくらでも絆が深まるし、友達も増えるんだなと思いました。英語はただの言語だし、コミュニケーションのツールだけど、これができると強いなと思います。 

「最悪、日本での人生がなくなっても生きていける」というような自信も生まれました( 笑)。 

英語ができるといいことしかない

受講生を見ていると、英語に自信のない人が多いなと感じます。 

合っているのに、最後までセンテンスを言い終えなかったり、何度も言い直してしまったりという方が多いですね。そういうのも、英語ができるようになると変わってくると思います。 

引っ込み思案でいるのは止めようとか、メンタルブロックを外していくことが大切です。

こういう風に、英語ができるようになると性格が変わります。性格が変わると、周りの環境や付き合う人も変わります。そうすることで、自分の人生が変わっていきます。 

いいことしかないです! 

その言語でもそうだと思いますが、人生の選択肢が広がるし、やらない理由がないと思います。 

トライズの仕事と、私が今までしていた先生の仕事との違いで感じるのはコーチングは、ティーチングじゃないということです。 

コーチングは、むやみやたらに上から目線で教えるのではなく、受講生と一緒に寄り添って、歩いて導くイメージですね。トライズでは受講生から毎日、学習報告をもらいます。みなさん卒なくこなしてくれますが、中には伸び悩む方もいらっしゃいます。 

悩みをぶつけてもらえた時には、全力で対応するようにしています。 

トライズに来る受講生は、覚悟がある人が多い印象です。1年間、トライズのプログラムをやり遂げるというのは相当頑張った証拠です。 

これをやり遂げたなら、この人はこの先もなんでもできるだろうなと思いますね。