日本人はもっと英語を話せる!ネイティブから見た日本の英語学習【トライズ・コンサルタント・インタビュー Part.4-5】

Afternoon view of The beautiful Pasadena City Hall at Los Angeles, California
日本人の英語について

 今回はトライズ(TORAIZ)のネイティブコンサルタントに日本の英語学習についてお話をしていただきました。

なぜ日本人は英語が話せないと思いますか? 

この悩みって、私も日本人の方から本当によく聞きます。でも私からしたら、「そうでもないのにな」と思っているんです。と言うのも、英語を母国語をとする人々の中には、本当に英語しか喋れない人がたくさんいます。でも第二言語習得という意味で考えたとき、日本人は日本語がすでに話せる状態で、英語の知識が少なからずあるということですから、たった一つの言語しか知らない人よりは知識はあると言えますよね。 

でも確かに、韓国やヨーロッパの国の人々に比べて、日本人の学習時間を考慮しても、「日本人はもっと喋れてもいいのにな」、とは思います。 

学生時代は英語学習は一つの科目としてしか捉えられていない人が多いですよね。勉強するのは英語の時間だけ。英語の時間を離れると英語のことは考えない。そういう勉強の仕方を続けていくと、ただのどうでもいい知識として変換されていく恐れがあります。 

例えばラテン語は、死んだ言語と言われています。なぜなら今ではラテン語話者は存在しないからです。でもラテン語を知識として身につけることはできます。ただし学んでいる人々はそれを使ってラテン語話者と話すことはできません。 

一方で英語は世界中で話されている生きた言語です。それなのに日本では、まるで死んだ言語であるラテン語を教えるかのように英語を教えているような気がするんです。 

言語はコミュニケーションのために使う道具です。自分に何かあった時、人から情報を得る時、人に何かを伝えたい時に使うものです。英語のルールだけ学んで実際に使わないのでは、残念ながら話せるようにはならないだろうなと思います。 

コーチング英会話スクール「トライズ」では英語が話せるようになりますか? 

トライズで絶対話せるようになると思います。それは、英語を毎日勉強する環境を作るからです。語学以外でも何かを習得しようとした時、週に1度30分練習したからって、それができるようにはなりませんよね?毎日少しの時間でも反復することが習得への道になります。 

トライズでは毎日の英語学習をサポートしています。学習フォロー、レッスン、教材の選定など、英語習得のためのステージが整っています。必要なものは、皆さんの努力だけだと思います。

 

受講を検討している方に一言 

まずは、挑戦することが大切です。少しでもやってみようという気持ちがあるなら、恐れずにトライズに来てほしいです。 

言語を学ぶということは、赤ちゃんでもできることです。天才じゃなくても、誰でもできるんです。だから自分には無理だと思ってはいけません。中には第一言語と第二言語は違うという人もいますが、私はそんなに変わらないと思っています。 

間違えることが嫌だと思う人も多いですが、間違うことは勉強においてとてもいいことです。間違えたくないからやめておこうという思いを捨てて、一緒にチャレンジしましょう。