【トライズ(TORAIZ)コンサルタントインタビュー】英語力0からの英語習得!成功の秘訣は「3か月毎のゴール設定」と「英語を話す積極性」

【トライズ(TORAIZ)コンサルタントインタビュー】英語力0からの英語習得!秘訣は「3か月毎のゴール設定」と「英語を話す積極性」 トライズ

コーチング英会話のトライズです。英語を勉強したいけれど、英語初心者だから何をしたらいいかわからないという人は多いのではないでしょうか?
トライズのコンサルタントの中にも、実は英語力0から英語指導できるまでに英語力を上げたコンサルタントもいます。

今回は、英語力0から英語を習得したトライズのコンサルタントに、「英語習得までの勉強法」や「経験を生かしたトライズでの英語指導法」について聞きました。

「トライズ」コンサルタント自己紹介

トライズ東京秋葉原センターでコンサルタントとして勤務していますKと申します。大阪出身で、トライズでコンサルタントとして働き始めて3年目になります。

トライズに入る前は何をしていましたか?

日本の大学を卒業してすぐカナダに留学行きましたので、前職はカナダの飲食店勤務です。初めは一従業員でしたが、ありがたいことに実力を認められビザサポートのオファーがあり、最後はスーパーバイザーとして勤めておりました。

英語習得までの経験

英語は海外で習得? それとも学生時代から?

英語に興味を持ったのは高校3年生が初めてで、それまでは英語から逃げて生きてきました。大学時代は、英語には自信がない状態でしたが、そこまで知識や英語の点数を持っていなくても留学できる大学を探して、アメリカのシアトルに1年間の語学留学しました。さらに帰国後、大学を卒業後にカナダで2年弱仕事をしていたという流れになります。

大学時代に1年間アメリカに留学

アメリがの大学ではESLという形で、最初に行ったときは英文法の品詞も分からない状態でした。みんなが「名詞だ、動詞だ」と言っているのも、何それ?という感じだったので、本当に一番下のレベルのクラスで基本的な文法やルールというのは学びました。

留学当初の英語力はほぼ0

留学前のTOEICは195点なんです。そんな点数が取れるの?という感じですけれど、全部を勘で解いていて一つもこれだという正解が分からない状態、「I’m good」も知らないレベルで「Yes」「No」と叫んでいたぐらいです。なので、英語はほぼゼロ、むしろマイナスからのスタートでした。

トライズでも英語初心者の方も多くいらっしゃいますが、英語の悩みや勉強の大変さがすごくわかります。

英語力を伸ばしたルール決め

負けず嫌いの性格だったので、「全員の英語力を超える」という強い気持ちで自分の中でのルール決めが、英語を伸ばすモチベーションでした。最初は全員にボコボコに負けている感じだったのですが、ESLで文法を学び、とにかく授業外でも英語を話し続けました。友達やランゲージパートナーのアメリカ人を見つけて英語を話すことが一番、英語力の向上に役立ったかと思います。

実践的なアウトプットでスピーキング強化

最初は本当にひどい英語のレベルだったので、同じクラスの子だとお互いに発音もできないぐらいで、何となくジェスチャーを交えながら、まず英会話に慣れるようにしていました。

それでも言葉が出てこないので、トライズで皆さんにやっていただいているように、フレーズ暗記をするようにしました。

トライズ公式:トライズの勉強法についてはこちら

今日はこの英語フレーズを使いたいなというのを決めて暗記したら、すぐフレーズを言うというのを毎日繰り返します。
アウトプット(スピーキング力)は実際に会話で使うことで伸びるので、どんどん英語表現を使えるできるようになってきたと感じたら、少し長い英語表現にを使うように意識します。

文法が難しいものは、スーパーで毎日同じ英語表現を使って店員さんに話し掛けて、言いたい英語がパッと出るようになるまで、それを繰り返すという練習をしていました。店員さんに話さないといけないという緊張感で記憶にも残りやすかったのか、すごくアウトプット(スピーキング練習)には向いていたと思いました。

留学時の英語力の伸びについて

英語力:留学当初~3か月目~6か月目~9か月目

最初の3カ月は、ネイティブの英語が全く聞き取れていなかったし成長も感じなかったのですが、少しだけ単語以外で表現できるようになってきたなと。
そして、6カ月目に入ると、英語が少し聞こえるようになってきているというか、正しい答えができているようになっているなと思って、9カ月目では自信を持って相手の英語を理解して返答できるようになりました。
最後の3カ月が、英語が一番伸びた時期だったなと思います。自信を持って積極的に長めの英語を使って発言をしたり、ネイティブと一緒に遊んだりしていても英会話やコミュニケーションに問題ない程度にはなったかなと思います。

  • 3か月目:少しだけ英単語以外で表現できるようになる
  • 6か月目:リスニングが少し伸びる、正しく質問に答えられる
  • 9か月目:自信をもって英語で返答
  • 12か月目:ネイティブと遊んでも問題ない英語力

3か月ごとの英語のゴール設定の重要性

自分の中でルールを作るのが好きだったので、3カ月ごとに極めるゴールを設定していました。
最初は文法ができなかったので、「単語だけで会話しない文法キャンペーン」という期間を作って挑戦しました。

ある程度、英語を話すときに疑問文でも組み換えできるようになったと感じたら、みんな発音があまり得意ではないから次は発音を極めて、イントネーションを付けるように。次に単語があまり出てきていないから、単語をたくさん使うようにするというように、一個一個英語の課題を作ってクリアしていったので、3カ月ごとに違いを実感できていたかと思います。

英語学習で挫折した経験

アメリカ留学のときは、自分が英語学習をしてこなかったのだから、基本的に挫折しても仕方ないと感じていたのですが、カナダに行ったときはもうその言い訳ができなくて、しかも仕事で英語を使わないといけないという環境に変わりました。

実際に働いてみると自分の英語力が全然足りていないと感じるシーンはたくさんありました。
北米はレストランでもテーブルの担当制になっているので、日本みたいに助け合いというルールは全く通用しなくて、自分で全て受注して提供して完了までやり切らないといけません。

ですが、向こうが言っていることも理解できず、自分もちぐはぐなことを言っていて、「もう、あなたは嫌だから英語のできる人に変わって」と直接言われたときは、一番ショックで挫折だと感じました。

どのように英語の挫折を乗り越えましたか?

北米では、チップを頂くのが普通の文化なので、それを払うに値しないような英語レベルでは本当に駄目だと反省しました。
まずビジネス英語フレーズを調べるというよりは、自分の商品についてしっかり英語で答えられるようにしようと、家に帰って1人で英会話のロープレをしたり、現地の同僚のカナダ人は一番強い味方なので仲良くして英語について聞きやすい環境をつくったりするようにしました。

自分に必要なアウトプットの英語環境を作る

英語は、受け身では伸びないです。英語を使う現場に出ると、やはり自分に必要な英語力とは何かに気づきます。

トライズで勉強される受講生さんもそうですが、仕事で英語が必要な人は「一人ひとりに必要な英語力」を身につけるためにカスタマイズが必要で、それができるのがトライズだと思います。
留学の場合は、自分で全てやっていかないといけないので、頭で考えるまでもなく実践していったのかなと思います。

トライズに来ていただければ、一人でやるのが難しい部分を専属のコンサルタントが英語学習計画から進捗管理まで徹底サポートいたしますので英語初心者の社会人の方でも安心してください。

英語学習で失敗しない方法

留学で成功する人と失敗する人ではどんな違いがあると思いますか?

英語学習で成功する人は、吸収しようという気持ちが高い人だと思います。
例えば、日本人とつるんでいたら駄目だというルールを作ることで自分の機会をなくしてしまうこともあるので、日本人でももっと吸収できる英語の知識があるかもしれないし、英語を話したり様々なことを学べるコミュニティーが広がるかもしれないと考えて、自分の作った環境にとどまらない人だと思います。

日本の英語学習でも共通するものですか?

コンサルタントからのアドバイスは英語学習の経験や専門知識がある人からのアドバイスなので、自分の中でこうやったほうがいいという考えをお持ちの方もいらっしゃるかとは思いますが、実際に効果があったアドバイスを試していただくというのは共通することかと思います。

アウトプット(スピーキング力)は話せば話すほど伸びるので、プラスアルファ、プラスアルファで、さまざまな英語を使う機会を使っていただくことも大切です。

トライズでは、週3回のネイティブとの英会話レッスンの機会がありますが、それに加えてフリーで参加できるオンライングループレッスンに積極的に参加される方は基本的な英語力を伸ばすこともできますし、英語を話すときの積極性も自然と身に付けられるので、差が出てくるのかなと思います。

英会話スクールとコーチング英会話トライズの違いやメリット

英語コーチングのトライズと英会話スクールとの大きな違いは、コンサルタントからの自己学習サポートと固定制のネイティブコーチのレッスンが受けられるところです。

通学だと英会話レッスンを受けやすい環境にあるとは思うのですが、いろいろな人と話すよりは、今は伸ばす期間だと決めてトライズで実践しているように同じ先生に見てもらって直すべきところや、伸ばしたいジャンルの英会話レッスンへとカスタマイズしてもらうことによって、最短最速で英語学習のゴールに近づけるかと思います。

オンラインのフィリピン英会話など受講しやすくいいとは思いますが、やはりネイティブとの英会話レッスンに意味があると思います。
第2言語として話す方が先生だと、先生側も理解しようとしてくれて比較的簡単に会話がこなせてしまいます。
でも、現実のネイティブとの会話はそうはいきません。
伝わらないものは伝わらないので、その環境の中で自分で英語を伝えられるようになる特訓をすることに意味があるかと思います。

トライズの最適な英語学習教材選びとサポート

自分で学習する場合は、ぱっと教材を見て分かりやすいな、これだったら一人でもできるなという教材を選ばれることが多いかと思います。
優しい、分かりやすい解説と書かれている英語学習教材が売れると思いますが、トライズで学習する場合は、あまり自分で選ばない教材をコンサルタントから提案されることもございます。

トライズは二人三脚で英語の勉強に取り組んでいただきますので、分かりやすいというよりは、その方に合ったベストな教材をご提案して、難しい内容でもコンサルタントのアドバイスがあって一緒に取り組んでいただける、すなわち教材がどんどんレベルアップしていっても、最後までやり遂げることが可能です。

独学での英語学習で失敗する原因は?

英語学習が続かない場合はモチベーションが原因かと思います。トライズのようなサポートや英語学習の習慣作りがないと、頑張って続けていても答え合わせができない中途半端な状態になって、どんどん勉強する回数が減って失敗に終わってしまうことがあります。

私の受講生さんは、一人一人みんな違った英語の特徴をお持ちです。つぶやき言葉を入れてしまったり、ここを聞き取れていないと分かっているのに濁して間違って答えてしまったり、独学ではそのような自分の弱いところが俯瞰できないので悪いところが改善できず、成長につながりません。なので、トライズのコンサルタントのようにしっかりサポートしてくれる人に見てもらって、弱点を補強していくことが大切です。

関連記事:独学で英語学習を継続できず挫折・失敗した方に、トライズがおすすめな理由

初心者の方向け日本人コーチの基礎英語レッスン

トライズの日本人講師のレッスンを受ける方は英語学習から、かなり離れているとか、私みたいに英語力ゼロからのスタートという方が多いです。

まずは、基礎文法教材を使って授業のような形でインプットを高めていただいています。
インプットできていても、なかなかアウトプットできず初級者になってしまう方、ネイティブと話すとなると緊張してしまってうまくできない方の土台として、日本人講師のレッスンを受けていただくこともできます。

トライズの日本人講師のレッスンでは、最初にQ&Aをお送りするので、それに対して英語で答えを準備して、実際にロープレしていただきます。
やはり言葉に詰まるときもありますが、日本語で「こう言ったらいいですよ」というサポートができるので、日本人コーチとの英会話も試していただけます。

トライズの特徴はレッスンをカスタマイズできることです。
トライズの受講生様には、IT・メディカル・デザインなど、さまざまなバックグラウンドの方がいらっしゃるので、その方に合ったバックグラウンドのコーチを提案させていただいています。様々な分野の内容が理解でき、実際にディベートできるのがネイティブコーチの英会話レッスンです。

トライズには実際にどんな受講生がいますか?

トライズ秋葉原センターは土地柄、ITやメディカルの方が多いなと思います。メディカルだったら、過去病院で勤務していたような、その分野に強いネイティブコーチもいらっしゃるので最近のコロナの話をメディカル用語を使って会話していただいたり、英語面接やミーティングがあるということで、実際に使われる会社の内容に合ったものでロープレしていただいたりしています。

受講生様は、どのぐらいのレベルの英語力をお持ちの方が多いですか?

今はVERSANT40点代の英語中級者が多いですね。最初は30点前半など初級~初中級でスタートされる方も40点に到達していらっしゃいますし、英語上級者の目安ともいえる50点を超えた方もいらっしゃいます。

関連記事:【導入企業多数】トライズで採用されている英語スピーキングテスト「VERSANT」とは?受験の意味やスコアの信頼性を解説

トライズのコンサルタントの強み

英会話は、語彙力が高いからできるわけではないので、トライズでは英語を使うに当たってのコミュニケーション力向上を意識してサポートさせていただいています。
毎回のプログレスチェックで英会話をして、英語のフレーズを直すだけではなくて、例えば、黙ったときはこのフレーズを使うようにして、相手の体感時間を和らげることも意識してくださいということをお伝えさせていただいています。

関連記事:英語のコミュニケーションの成功は「英語力」では決まらない

担当したトライズ受講生の成功エピソード

トライズを受講されて、その過程の中でお仕事も変えたいという方がいらっしゃいました。
英会話レッスンの計画は、最初は一般的な英会話を練習できる先生で、3カ月たったらご自身の分野に合った先生を用意しますとお伝えして、実際に変更を行いました。

その分野に合った内容の英会話ができるようになってからは、レッスンの内容をカスタマイズして英語面接のロープレを短期間入れさせていただいて、実際に転職成功まで至ったというとてもうれしい成功例でした。

成功した理由は何でしょうか?

英語を学ぶことに対してすごく能動的で、言われたからするというよりは、「自分でこう考えているので、こういうふうに意識しています」と伝えてくださる方でした。
学習報告のメールを送る際にも「この英語フレーズを使ってみます」と宣言していただいておりました。

フリーのオンライングループレッスンも「今週は何回出ます」という積極的なご報告をしていただけていたので、吸収しようという気持ちが強いことが伸びに関係しているのではないでしょうか。

トライズ受講を検討されている方へ

英語を習得するには、すごく長い年月が必要です。しかも、その数年は毎日の英語学習と英会話レッスンをしっかり定期的に受け続けることが必要だと思ってください。ですから、1人でやり切ることは相当難しく、もはや無謀だと思います。

トライズでの1年間で求めていたところまで完璧にはたどり着かないこともあるかもしれませんが、この1年間では英語の勉強方法と学習習慣の確立をして、その後も2年、3年と続く学習につなげられるはずです。

英語の専門知識のあるコンサルタントから正しい指導法で学び、ご自身の目標に到達していきましょう。

英語コーチングスクールのトライズで、実際の現場で通用する英語力を身につけたいという方はトライズの無料カウンセリングへお越しください。完全オンラインでもご予約を受付けております。