【トライズ(TORAIZ)コンサルタントインタビュー】英語が話せるようになった方法は?英語学習で挫折を経験し習得したからこそトライズで伝えたい事

TORAIZトライズコンサルタントインタビュー トライズ

今回は、TORAIZ(トライズ)コンサルタントのYさんに英語をどのように身につけたのか、またトライズでの学習内容やサポートについて詳しく伺いました。
英語学習で苦労した経験や、どのように乗り越えたのか、また大人になってからの英語学習の経験から効果的に英語を身につける方法など、これから英語を身につけたいという方にとって参考になる内容となっております。

トライズ(TORAIZ)コンサルタント自己紹介

コーチング英会話TORAIZ(トライズ)でコンサルタントをしているYと申します

トライズに入ってから2年ほど経ちました。トライズ入社までのキャリアとしては、新卒で大手の証券会社で営業など2社を経験し、海外留学を経て現地教育機関で勤務しておりました。海外には、アメリカとオーストラリアに計3年ほど住んでおりまして、帰国後にトライズに入社しました。

トライズ(TORAIZ)に入った理由

海外で本格的に英語を学び、仕事を通じて外国人相手に英語を使うようになった時に、留学関係の仕事や留学生向けのセミナーなどに呼んでいただく機会が増えたんです。

そこで、英語を学ぶ人や海外に挑戦する人のサポートにやりがいを感じて、帰国後も英語教育に携われる仕事がしたいという気持ちが強くなりました。

今までの日本の英語教育のように机に向かう勉強に対して違和感があり、トライズを見つけた時に「1年で英語が本当に話せるようになる為のサポートをする」というサービスにとても共感しました。

英語学習は、簡単に身につくものでもなく、どんなに独学で効率よく勉強しても数か月じゃ英語は身につかないという考えが一致し入社を決めました。

トライズのメソッドについてはこちら

トライズ(TORAIZ)のコンサルタントの仕事

トライズのコンサルタントとは?

イングリッシュコンサルタントとは?

イングリッシュコンサルタントは、トライズの受講生様の一人ひとりに専属でつかせて頂いています。一人ひとりのゴールやレベルに合わせた英語学習のサポートがメインの仕事になります。

トライズのコンサルタントは、ネイティブや帰国子女のように生まれつき英語が話せる人ではなく自分自身で大人になってから苦労をして英語を身につけた方のみを採用しております。私も、英語を本格的に始めたのが30歳になる前だったので本当に大人になってから1から学び直しましたね。
トライズのコンサルタントについてはこちら

トライズのコンサルタントは、英語学習の大変さや悩みを理解しているので、英語学習者が抱える悩みに対して共感し的確なアドバイスをすることができます。 英語のレベルや目的、性格によって悩みも変わってきますので、どんな方にも寄り添って効率的にゴールまでサポートすることが私たちコンサルタントの仕事です。

英語をコミュニケーションのツールと考えており、トライズはコミュニケーション(聞く・話す)の力を重視していますので、英会話においてのコミュニケーションの大事な部分を伝えられるコンサルタントばかりです。

コンサルタントの主なサポート内容

トライズのコンサルタントのサポート内容として大きく4つに分けてご説明したいと思います。

トライズの学習サポート内容についてはこちら

①初回のコンサルティング

初回のコンサルティングでは、以下の3つが大きな目的です。

  • 英語力の現状分析
  • 目標設定
  • 学習計画

ネイティブのレベルチェックなど英語力の分析を行い、1年後のゴールを設定と学習計画、ゴールから逆算した最適な英語教材を選定します。

一人ひとりのレベルやゴールに合わせた英語学習をサポートするのがコーチング式の英会話の特徴ですね。

特にトライズでは、

①明確なゴール設定
②職業や目的に合わせた教材
③ネイティブレッスンの内容をカスタマイズ

この部分は他の英会話スクールにはない大きな違いです。
もし他の英会話スクールがレベルに合わせてカスタマイズすると謳っていても、レベル分けのみで、ほとんど同じ教材を同じペースで進めることがほとんどです。
専属のネイティブコーチのレッスンがあることも、より最適化された実践的なレッスンを可能にしています。

②毎日のフィードバックメール

受講生様には、学習計画に合わせて毎日の学習報告をしてもらいます。コンサルタントは、その学習内容や進捗を見て翌営業日にアドバイスや質問に答えるなど日々サポートしています。

日々の報告を受けることで、モチベーションの管理や学習習慣の形成のサポートが効果的に行えます。

③プログレスチェック

トライズでは、2週間に1回のプログレスチェックを実施します。このプログレスチェックでは、2週間ごとの課題を決め、その範囲を次回のチェックまでの2週間で課題を完璧にしていただきます。

学習内容は、主に以下の2つです。

  • リスニング学習のシャドーイング
  • スピーキング学習のフレーズ暗記・超高速瞬間英作文

コンサルタントは、課題の完成度のチェックと学習計画の見直しやレッスン内容のフィードバックなどをし、進捗とモチベーションの管理も行います。

進捗のチェックだけですと、あまりに業務的になってしまいますのでトライズのコンサルタントは、受講生の皆様の事をより知る時間としても考えております。しっかりと受講生様のことを知ることで、的確なコーチングを実施することができます。

トライズは、1年間しっかり目標達成までサポートしますので、他のコーチング系の英会話スクールとは違って短期詰込みで卒業というわけにはいきません。
信頼関係の構築は私が意識しているポイントでもありますし、話せるようになるまで伴走することは大きなやりがいですね。

④ネイティブコーチとの連携

またトライズでは、英会話レッスンが週3回ご受講いただけます。トライズのレッスンは、専属のネイティブコーチが行いますので、コンサルタントはコーチと連携しレッスン内容の計画やフィードバックを行います。

レッスン講師が専属なのは、おそらくコーチング系のスクールではトライズ以外にないと思います。
トライズのレッスンを担当するネイティブコーチ(講師)は、厳しい基準をクリアしたビジネス経験を持つ講師経験豊富な方ばかりです。

トライズのネイティブコーチについてはこちら

トライズでは、講師のことをコーチと呼びます。この理由は、ただ教材に沿って教えるだけであったり一方的に講師が話す量が多くならないように受講生の皆様が能動的に英語を話せる環境を常に作り出しているためです。

外部のオンライン英会話は、私も以前受講したこともありますが、手軽な反面、クオリティにムラがありますし目的やレベルに合わせたレッスンを行うのは難しい気がしますのでトライズのサービスはホールパッケージだと思います。

英語学習を始めたきっかけ

私も、一般の人たちと同じような中学から大学まで英語教育を受けてきました。大学卒業後は、英語と関係ない仕事をずっとしていたので、ほとんど英語を使う機会がなかったですね。

留学前までは英語力がほとんどゼロに近いという感じではありましたが、ただ英語を話せるようになりたいという気持ちは、実は大学の頃からありました。

仕事辞めるタイミングがあったので、そこで留学に行こうと決意をして、そこから本格的に英語学習をスタートしました。

英語学習を始める前の英語力

最初は、留学の準備をするため市販教材を買い中学の基礎英語から学習を始めました。何をやったら良いかわからず、とりあえず人気の英語学習の参考書を買ったり、動画を見たりしていました。

留学に行く直前の英語力は、TOEIC380点でしたのでかなり初級者でしたね。一般的には学生時代以外で英語の勉強していない方と同じような英語力か、もっと下だと思います。

今思えば、トライズを知っていればもっと効率的に英語が伸びたのかなと思います。留学できない方は、トライズで英語を学ぶと独学やテスト対策では得られない実践的な英語力が身につくと思います。

トライズのレベル別のカスタマイズ例はこちら

留学時の英語力

コンサルタントの留学時の英語力:コーチング英会話のTORAIZ(トライズ)

英語に苦手意識があった留学初期

留学した時に、最初に語学学校に通いました。

入学時のレベルチェックではプレインターメディエイトと言うレベルからのスタートとなりました。日本でいう初中級という感じですね。基礎英語は少し理解できるけれども、ほとんど話せないと言う日本人に一番多いレベルだったと思います。

とにかく社会人になってからの留学だったので、短期で一気に英語を身につけようと思いがむしゃらに勉強しました。
その結果、英語のレベルは、二つ上の中上級までクラスに4ヶ月で行きました。本当は、短期で帰国予定だったんですけど、数ヶ月勉強した結果、やっぱり英語力が思ったほど伸びていない気がして延長を決めました。

挫折を経験:留学しても数か月では英語はペラペラにならない

留学前は、皆さん海外へ行けばペラペラになるんでしょ?と思われる人が多いですが、そんなことは全くないです。
特に数か月では、私もかなりストイックに英語漬けの生活をしましたが理想にしていたレベルには程遠かったですね。

毎日勉強しますし英語環境なので、「先生の言っていることは何となく聞き取れるようになる」、「コミュニケーションはなんとなく取れる」いうところまでのレベルにはいきましたが上級者までは大きな壁を感じました。

トライズ(TORAIZ)は本当に英語が話せるようになるための1年

実際にトライズを受講してくださる方も、どんなに効率的に勉強しても短期では英語は身につかないという事を理解してトライズを選んで頂いています。
簡単に短期で英語が伸びると言えば聞こえはいいですが、実際に英語を勉強して身につけた経験があるものからするとそんなことは簡単には言えないですよね。

もちろんトライズでは、1年1000時間という必要な時間でゴールから逆算して効率的に学ぶので、ただ時間をかけているわけではありませんのでご安心ください。

英語の伸びを感じた時期

留学当初は英語の伸びを感じませんでしたが、私にも海外滞在中に最初のブレイクスルーが来ました。

①試験対策コースで英語の基礎を固める

数か月の中途半端な英語力で、日本に帰っても意味がないので海外滞在を延長しました。その時、友人にオススメされたのが試験対策コースのケンブリッジ英語検定コースです。

試験対策といってもTOEICとは違い、勉強するのは以下の5技能の試験です。

  • スピーキング
  • リスニング
  • ライティング
  • リスニング
  • 文法

特に実践的な、スピーキングやライティングなどをヨーロッパの就職で使えるレベルまで上げることができるのは魅力的でした。

ヨーロピアンばかりのクラスでしたが、やはりスピーキングで、英語が上手いヨーロピアンと会話形式でディスカッションするのはすごく力になりましたね。

瞬時に英語を返さないといけない、意見をはっきり言わないといけない、かつ試験なので正確な文法や幅広いボキャブラリーを使用することも意識したので劇的に英語のスピーキングは上がりました。

あとは、基礎文法を完璧にしたのも大きかったですね。トライズでも基礎文法をしっかり固めて、会話のアウトプットの機会があります。特にトライズは、ディスカッション形式のレッスンが多いので、同じように英語力アップに最適なプログラムだと改めて感じますね。

基礎が不安な方でTOEICスコアが必要な方は、トライズのTOEIC対策プログラムからスタートしてスコアを伸ばした後、スピーキング本科プログラムを受講する方もいらっしゃいます。

②仕事・日常でのネイティブとの実践的な会話の効果

スクール以外でも24時間英語に触れる機会を増やすために、パブや図書館などのEnglish conversationの集まり、いわゆるミートアップのようなものにも毎週参加しネイティブの友人を増やし会話力を高めました。

英語力アップの鍵はネイティブとの会話:TORAIZ(トライズ)

その後、カレッジでプロジェクトマネージメントやマーケティングを学び現地企業にて働き出しました。
「英語を学ぶ」から英語を使ってビジネスの現場など厳しい環境で当たり前に「英語を使う」ようになり、更にブラッシュアップされましたね。海外で働いていた時は、英語力を伸ばすという勉強の感覚は全くなく、仕事を通して自然とネイティブの環境に対応するという感覚でしたね。

トライズを受講されている方にはよく伝えますが、英会話スクールやレッスン以外でも英語に触れる機会を増やすことが大事になります。生の英語に触れることで、成長につながる気づきが生まれます。これは、トライズに限らず全ての英語学習者に伝えたいですね。

まとめ:英語で挫折・失敗したくない方はトライズ(TORAIZ)へ

今回は、私のトライズ(TORAIZ)に入るまでの英語学習についてと、トライズのコンサルタントの仕事についてお話しました。トライズのコンサルタントは、すべての英語学習者の助けになりたいという思いは自分自身の経験からきています。英語学習にお悩みの方や、ビジネスで英語が必要な方など目的に合わせてコンサルタントがしっかりサポートさせていただきます。

大人になってからでも、何歳からでも、英語は身につけることができます。

英語学習にお悩みの方はぜひトライズで一緒に頑張りましょう。コンサルタント・ネイティブコーチ共に皆さんの英語学習のスタートをお待ちしてます。これから英語を学んでみようかなと思われた方は、ぜひトライズの公式サイトから無料カウンセリングにて気軽にご相談ください。