海外での失敗から学んだ、試行錯誤して英語を身に付けたトライズコンサルタント【トライズ・コンサルタント・インタビュー】

トライズ

今回はトライズのコンサルタントYさんにインタビューをしました。どうやって英語を習得したのか、またオススメの英語教材や今までで印象に残っている受講生様についてお話を伺いました。

今回の記事を読んで英語学習に興味を持った方は、記事の一番最後にあるトライズの公式サイトのリンクから無料カウンセリングにぜひお申し込みください。

自己紹介

コンサルタントのYと申します。コーチング英会話のトライズに入って3年目になりました。

トライズに入った理由は、今までの英会話スクールなどとは違い英語を話せるようになりたい日本人に対して正しい方法で英語を教えられる環境があると思ったからです。

トライズでは、現在どういう業務をされているのでしょうか?

業務はイングリッシュコンサルタントとして受講生様の英語力アップのための、2週間に1回のプログレスチェックや毎日のメールサポート、コンサルティング、教材の選定やレッスンの管理などを行っております。

英語学習を始めるきっかけは何でしたでしょうか?

英語学習を始めたきっかけは大学時代に、オーストラリアに留学に行きました。その時は英語力がほぼゼロで、英語がほとんど話せない状態でした。ただ現地では英語が話せないにもかかわらず、オーストラリア人の方にとても優しく接していただきました。

英語が話せない私に対してオープンに接してくれたオーストラリアが好きになり、もう一度海外に戻り挑戦したいという思いで英語の勉強を本格的にスタートしました。

オーストラリアで苦労した事はなんでしょうか?

オーストラリアのブリスベンの田舎の方でホームステイをしていた時に、ホストマザーから”tea”はいる?と聞かれたことがあって、その時は夏でスポーツをした帰りだったのでホットティーなんて飲めないなと思って”tea”はいらないって伝えました。

何度も「本当に?」と聞いてきたので不思議だったのですが、Noと言い続けた結果、なぜかその日の夕食が出てきませんでした。よくよく聞いてみるとteaとは夕食という意味もあるという事を知り、私は夕食はいらないと言ってしまったとそこで気づきました。

海外で使われる英語で、日本人が知らないものは多くあり実際に海外に行ったり、外国人と話さないと分からないこともあるんだなと思い、今では笑い話ですがこの経験はすごく印象に残りましたね。

大学卒業後は英語をどのように習得したのでしょうか?

英会話の勉強は、まず市販の英語教材を使って英語をひたすら聴くと言うリスニングの練習をやっておりました。大きな効果とまではいきませんでしたが、少しリスニングの耳が良くなりましたね。それ以外では様々な教材に手を出しましたね。いわゆる皆さんが試したことがあるだろう書店などでよく見かける英語教材は、ほとんど使用したのではないでしょうか。

あとは、英語系のYouTuberをよく見ていましたね。例えば、有名な英語系YouTuberのバイリンガールのChikaさんや、Hapa英会話などYouTubeではそういった方の動画を見てよく勉強していましたね。

社会人になってから、オーストラリアに1年半ほど2回目の留学に行き、滞在中にはオーストラリアにある英語学校でスタッフとして働いておりました。

オーストラリアでは英語が伸びましたでしょうか?

そうですね。オーストラリアではすごく英語が伸びたと思います。というのも私は英語を勉強するために英語学校に入ったのではなく、そこでスタッフとして働くために入ったのも大きかったです

周りの人は全員ネイティブでしたし、やはりリアルなネイティブの英語をたくさん聞いたのも英語力が伸ばすのに良い環境だったなと思います。もちろん最初は、ネイティブの英語は早いですし聞き取れないこともたくさんありました

その時のエピソードとして、学校のヘッドティーチャーに、「あなたは英語が全然聞き取れていないよね」と言われたのは覚えています。あの言葉はすごく印象に残っていますし、この厳しい環境でも頑張らないといけない思い、ネイティブの中でもまれて必死に頑張りましたね。

トライズ 英会話 英会話コーチング

半年で英語力を向上させた驚きの英語学習法【トライズ・コンサルタント・インタビュー Part.1-2】

2020年4月24日

トライズについて

トライズは英語初心者でも受講は可能なのでしょうか?

トライズは、英語がある程度できる人しか受けられないという事は全くないですし、私の場合は初心者の方をより多く担当してきたと思います。

英語初心者であってもコンサルタントが提案した学習方法の通りにやっていただければ、目標達成に向けて英語力がきっと伸びると思っております。

トライズは、ネイティブコーチがレッスンするところが大きな特徴かと思いますが、ネイティブレッスンは重要でしょうか?

重要です。なぜネイティブとのレッスンが重要かと言うと、まず英会話スクールに通ったとしてもインプットだけの学習では英語を話せるようになりません英語習得のためには、英語を話す必要があります

実際に自分が勉強している教材があるとすると、やはり教科書での英語とネイティブが話すリアルな英語とは非常に大きな違いがあります。机に向かう勉強だけでは、そこに気づくこともできないですし、まずネイティブの英語に慣れる必要があります。

そういった意味でもトライズのように、ネイティブのレッスンがあることは英語を話せるようになりたい方には見て頂きたいポイントですね。それに加えて、トライズでは1年間同じコーチが英会話レッスンを担当します。受講生様一人一人の英語の成長を確認しながらサポートできますし、レッスンでの会話で何ができて何ができていないのかをネイティブに教わりながら日々の英語学習を進められるところがトライズの大きな強みだと思います

インプットとアウトプットではどちらが大事だと思いますか?

両方だと思います。もちろん、その人の英語のレベルによっても変わってくると思いますね。

トライズでは最初に英語のレベルを測るレベルチェックがありますが、ネイティブとの実際の会話や英語のテストを受けることで、インプットがより必要なのかアウトプットがより必要なのかということを見極めることができます

そのレベルチェックで英語力や必要な学習を見極めることによって、教材や学習法をその方に合ったものを提案しております。例えば、すごく上級者の方が来た場合は、インプットの中でもどのインプットをやるべきなのかというのを見ます。足りないのは単語なのかそれともイディオムの力なのか、特に上級者の方でもイディオムの力が足りない方はよくいますし、もし中級の方でしたら頭にある英語を素早く出す練習というのをより重点的にやる必要があると思います。

一人一人のレベルを見極めながら学習法の提案をしておりますので、答えとしては両方大事だと言えますね

驚きの共通点!英語力が伸びる人の特徴【トライズ・コンサルタント・インタビュー Part.7-5】

2020年6月17日

受講生様の毎日3時間の学習時間の確保というのは可能なのでしょうか?

1日の中で必ず英語に触れることが必要となります。学習時間の確保のためには、隙間時間の確保をとにかく頑張ってもらうようにお伝えしています。10分でも15分でもいいので隙間時間を活用することがすごく大事になると思います。

時間の管理については少し厳しく管理しておりまして、その理由としては、やはり学習時間が足りないとなると英語力が伸びないからです

学習計画表を作る段階で学習時間を同じ時間帯に取れるように工夫しております。特に社会人の方は、お忙しく、まとまった時間を取ることが難しいので必ず朝の時間を学習時間にあてて頂くなど、できるだけ学習時間を分散するように心がけております。

コーチング英会話のトライズが他社と違うところを教えてください。

本当に英語が話したいと思うのであればコーチング英会話のトライズが絶対お勧めです。

もし、今すぐに英語が必要ではないけれど、楽しみながら英語を勉強したいと言う方は、とりあえず一般的な英会話スクールでも良いのかもしれません。

ただ、本当に最終的に話せるようになりたいと言う社会人の方であれば、ぜひトライズに来ていただけるといいと思います

お勧めの教材を教えてください。

お勧めの教材の1つ目は、HipTalk LAです。本当にこの教材は捨てるところがないと言うくらい良い教材です。こちらは上級者向けの教材ですが、リスニング教材としてもスピーキング教材としてもこれ1冊で対応できますね。ただすごく上級者向けの教材ではありますので、シャドーイングが不安だと言う方はもう少しレベルを落とした教材を使うのをお勧めいたします。

この教材に関してはビジネスに特化していると言うわけではないので、一般的な日常会話や海外で現地の方がナチュラルに話す英語を聞き取りたいという方には特にオススメの教材です

お勧めの教材2つ目は、NOBU式英会話コンプリートです。こちらはスピーキング教材ですが、使い方の特徴としてはリピーティング練習をすることができます。さらに日本語から英語に直す瞬間英作文の練習もできます。

またレベルが中一から中三まで分かれているので、少しずつレベルアップしながら英語学習を進めることができます。日本人が苦手としている文法、例えば日本語と語順が逆になるものとかそういったものをトレーニングすることも可能です。こちらは基礎的な英語力を身に付けるトレーニングをすることができる教材として、とてもお勧めです

印象に残った受講生について教えてください。

印象に残っている受講生のAさんですが、その方はトライズに入会された時は英語初心者だったのですが、結論から言うと1年間で英語の目標を達成して卒業されました。

目標は、海外で仕事を受注するというものでした。受講期間中に、トライズで開催したエストニア視察ツアーに参加をされました。現地では英語でのビジネス交渉の場があったのですが、そこでビジネスパートナーを見つけ最終的には仕事につなげることができました。

この受講生さんは、IT関係の方で特に理系色が強い方だったので、英語の細かい部分というところが気になることが多く、英語でわからないことは理論的な部分の答えが欲しいというタイプの方でした。ただ1年間のトライズのプログラムを受講していく中で、細かいことを気にしすぎず自分が伝えたいことを英語にして伝えることが1番大事だと言うことに気づいて頂けました。これは英語で、特に海外で交渉などコミュニケーションと取る場合には大事なことなので、すごく良い変化でしたね

日本人の方は日本語をそのまま英語に変えようとする癖があると思いますが、日本語そのまま英語に変換しようとすると、なかなか当てはまるものがない場合もあります

その単語をどうやって違う言葉で言い換えるかも大事になってきます。

例えば、「交渉」と言う英語が思い浮かばなかったとします。そこで「交渉」と言う英語はなんだろうとずっと考えるのではなく、わかりやすく別の英語で言い換える、そういった力をつけることが必要になります。そういった力をつけていただく練習をすることで、最終的にはすごく話せるようになっていただきました。あとは卒業間際に英語でたくさんの人の前でプレゼンテーションをしてもらったのですが、そのプレゼンはすごく感動しましたね。

その時は本当に話している英語がわかりやすく、なにより堂々と話していました。私は英語力が初級だった頃から見ていたので、そのスピーチで成長した姿やエストニアに行って英語で交渉し仕事をとってきた事はとても感動しました。

トライズが目指すこと【トライズ・コンサルタント・インタビュー Part.7-1】

2020年6月11日

今までトライズで行ったイベントについて教えてください。

最近開催したイベントですが、オンラインでアメリカのサンフランシスコのツアーに参加するというイベントをトライズの新しい取り組みとして開催し、私もそれに参加をしました。

私の受講生様もこのイベントに参加されたのですが、すべて英語で行われたオンラインツアーの中で積極的に質問をされていました。オンラインですが、自己学習やレッスンでは経験できないリアルな英語での現地ツアーを体験して頂けたのではないでしょうか。今後も定期的に開催される予定なので、興味のある方はぜひ参加していただきたいですね。

オンラインツアーについてはこちらで詳しく紹介していますので、興味があればぜひお読みください。

最後までお読みいただきありがとうございます。今回インタビューしたトライズのコンサルタントのYさんのお話は英語学習をする上で大切なことや、ご自身が苦労しながらも一生懸命努力して英語を習得したことが伝わってくる内容でした。

今回の記事を読んでこれから英語を学んでみようかなと思われた方は、ぜひトライズの公式サイトから無料カウンセリングにご予約ください。ご自身の今の英語力についてやどうやって英語を勉強したら良いかなど、気軽にご相談ください。