英会話取得は長期戦であることの覚悟が必要【トライズ・コンサルタント・インタビュー Part.8-5】

トライズ

今回はトライズのコンサルタントにトライズを受講を検討している方に向けてのお話を伺いました。トライズって実際どうなんだろう、1年間も受講しなければならないのがちょっと…と思う方にぜひ読んでいただきたいです。

英語は長期戦だということを忘れてはならない

トライズのいいところは、1年という長期スパンで英語習得を考えていることです

コーチング英会話スクールの中には、2ヶ月や3ヶ月でペラペラになるとか、短期間でできる、などといった謳い文句が売りのところもたくさんあります。

でも、長年英語を勉強してきた私が言えることは、そんな短期間では話せるようになれないということ。短期間で英語が話せるようになるには、魔法でも使わない限り無理だと思っています

驚きの共通点!英語力が伸びる人の特徴【トライズ・コンサルタント・インタビュー Part.7-5】

2020年6月17日

だから私は、最初から1年という時間を提示しているトライズの考え方がとても好きです。わたし自身が、最低でも1年はしっかり英語と向き合う覚悟がないと、英語が話せるようにはならないことを身をもって経験してきました

だからこそトライズは、最初から厳しいことをちゃんと告げてくれていて、とても正直だなと思うのです。

トライズで英語が話せるようになる理由

私がやってきた英語学習と、トライズが指導している学習方法を客観的に比べてみて思うことは、やはりシャドーイングは重要であるということ。

私は歌を完コピすることを中学の頃から今でも続けていますが、いわゆるそれはシャドーイングシンクロリーディングの一種だと思うのです。

トライズでは、私のような歌を使った学習方法ではなく、ちゃんとしたシャドーイングを推奨していて、英語をコピーすることがリスニングにとても効果的であることが受講生の方々を見ていてもよく分かります

同時に英語が話せるようになるにはアウトプットもどんどんしていく必要があります。トライズならネイティブのレッスンが週3回あるため、その点も安心です。中にはレッスンがないコーチング英会話スクールもありますが、レッスンなしでどうするんだろう?と思う時があります。

トライズ 英会話 英会話コーチング

あなたに合った英語教材が見つかる!【トライズ・コンサルタント・インタビュー Part.3-3】

2020年5月15日

大学時代、ネイティブの先生の授業を受けていましたが、それでも在学中にカナダに留学したときは、ネイティブの話していることが分かりませんでした。

日本のホテルに就職して3年ほど英語を使う環境にいたにも関わらず、ワーキングホリデー初期の頃はネイティブのクロストークには入れなかった。

それを考えると、やはり英語学習にアウトプットの場が少ないことがどれだけ不利なことかが分かると思います。

英語に限らず、料理でもスポーツでも何でも、何かを上達させようと思ったら毎日やらないと上手にはなりませんよね

英語も同じで、毎日の積み重ねがないと上達しません

それを癖づけることがトライズでならできます。私たちコンサルタントもついていますし、皆さんの英語学習の環境は私たちが作ります。

もし今、英語をやってみたい!と思っているなら、ぜひトライズで私たちと一緒に勉強してみませんか?

英語学習のモチベーションを継続する方法【トライズ・コンサルタント・インタビュー Part.6-3】

2020年6月8日

今回でトライズのコンサルタントK・Mさんへのインタビューは終わりになります。学生時代から社内人になってまでの英語学習についてお話しをしていただき、現在英語を学習している方やそろそろ英語を勉強し直そうかなと考えている方にとっても参考になるお話だったと思います。

忙しい社会人だと、どうしても短期で英語を習得したいと思いがちになってしまいますが、今回の記事にもあるように英語は長期戦で挑むからこそ、話せるようになれるのだと思いました。

どうしてもすぐに出張があるから、1年間も受講できないという方には、トライズのオンラインでの受講を検討してみてはいかがでしょうか?

海外出張したからといって急に英語が話せるというものでもないので、海外からレッスンを受け続けてしっかりと英語力を身につけ、海外生活の中で英語の壁がなくなるのはもちろん、海外での仕事の領域を広げるチャンスにも繋がるのではないでしょうか?気になる方はぜひ一度トライズの無料カウンセリングにお越しください。